乾燥肌の為の対策と小鼻の黒ずみを改善

20代の若い頃は割りと美肌の方で、肌荒れや小鼻もツルンとしており、黒ずみとは無縁でした。
でも、30代に入ってからはそんな私でもお肌のカサつきや小鼻の黒ずみとザラつきが気になり出しました。

乾燥肌が進行したせいか、お肌が無償にヒリヒリと痛くなってしまって、かなり敏感肌になりました。
それまでは特に化粧水等は成分にあまりこだわらず選んでいたのですが、敏感肌には大敵とされる、アルコール分やパラベン等が入っていない低刺激の物を使う様にしました。

中でも、コスパもお肌にも優しく、口コミ評価の高い無印の敏感肌用のスキンケアはかなりお肌に合いました。
とろみタイプの高保湿タイプは真冬等の乾燥が特に気になる時に重宝しました。

そして、高保湿タイプの乳液はこってりとしたクリームの様なテクスチャーでしたので、最後に優しくハンドプレスをして蓋をする感覚で手で抑えます。

小鼻の黒ずみ対策には、洗顔を見直しました。30代に入ってから一気に黒ずみが増えた原因は、若い頃に毛穴パックを頻繁に繰り返したツケだと思います。

反省してからはパックは一切止めて、毛穴の汚れや角質を優しく除去してくれる洗顔に変えました。

中でもルナソルの洗顔フォームは、少量でふわふわとした泡が簡単に出来て、優しく小鼻を中心に滑らせて洗い流すだけで、つるんとした小鼻が手に入りました。

そして、黒ずみの方も、使い続けているうちに古い角質が除去されたのか目立ちにくくなってきたと思います。

最近知ったのですが、化粧水等はコットンに取って付けていましたが、実はそれは肌を傷付ける行為だそうです。
コットンの繊維がお肌に傷を作ってしまい、そこから、お肌の潤い成分が蒸発してしまうんだそうです。
なので、その事を知ってからはあまり化粧水の時にコットンを使わなくなりました。

どうしても気分や今までの癖でコットンを使いたい時には毛羽立たない様に多目に化粧水を付ける様にしています。
せっかく、保湿目的のスキンケアで、わざわざお肌を傷付けて、水分を蒸発させては無意味ですからね。