乾燥肌に効く保湿ケア

肌の乾燥はあらゆるトラブルを招きます。
乾燥によって肌理が乱れることで、シワや肌荒れが起こるほか、ターンオーバーが乱れることで刺激に弱くなり、アレルギーも起こしやすい状態になります。

放っておけばそのうち潤うなどとは考えず、乾燥していると感じるまえにしっかりと先手を打つケアをすることが大切です。
肌の乾燥を防ぐには、保湿をすることが重要です。

ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、リピジュアなど、保湿のための美容成分は多いので、自分にあったものを選んでスペシャルケアとして美容液などのステップで利用すると良いでしょう。

それぞれの成分を単体で使用するよりも、複数の成分を効果的に掛け合わせることでさらに保湿力をアップさせているものが多いので、使用感などの好みに応じて選ぶことができます。

また、美容液のまえには必ず化粧水で肌を潤すことも大切です。
化粧水のまえにブースターとしてプレ化粧水を使用すると、肌がふっくらとしてさらにその後に使用するアイテムの浸透も良くなります。

プレ化粧水は特別なものを使用する必要はなく、ドラッグストアなどで簡単に手に入る精製水でOKです。

冷蔵庫で容器ごと冷やしておき、洗顔後の素肌に手でパシャパシャとつけていきます。

肌がひんやりとするくらい叩きこむことが大切です。
いつものケアに少し手間をかけるだけでも、保湿力はぐっとアップします。

化粧水と美容液を使用しただけで肌が潤ったと考え、その後になにも付けずにスキンケアを終えてしまうのはNGです。

肌に浸透させた保湿成分を逃がさないようにするためには、クリームや乳液、オイルなどで蓋をして、潤いを長時間持続させることが大切です。

クリームやオイルの場合は、乾いた肌に塗るよりも水分が満ちている状態で肌に乗せる方が馴染みが良いので、時間を置かずに使用することがおすすめです。

オイルによっては水分と馴染むと乳化するものもあるので、手のひらでハンドプレスしながらなじませると、一層浸透が良くなります。